iPhoneの利用制限について

  1. トップ
  2. iPhoneの利用制限について

iPhoneの利用制限について

不正取得や不正契約が判明した携帯電話機のネットワーク通信を、キャリアが制限する機能です。

利用制限中の端末は、「赤ロム」とも呼ばれています。

対象となる機種

利用制限の状態(例)

「○」

ネットワーク利用制限は掛かっていません。

ただし、今後不正契約などが発覚した場合は、利用制限の対象になる可能性があります。

「△」

現在は制限が掛かっていませんが、今後制限が掛かる可能性がある状態です。

本体代金の支払いが滞った場合などは、利用制限が掛かることがあります。

※中古で購入する場合、「◯判定」のiPhoneより安価な事が多いですが、元の持ち主の支払い状況によって制限されることがあるので注意が必要です。

「✕」

ネットワーク利用制限が掛けられています。

※あくまでも各キャリアが提供するネットワークが利用できないということですので、Wi-Fiでインターネットに接続することは可能です。

IMEIは「設定」→「一般」→「情報」の画面で確認できます。

※キャリアごとに条件や制限の詳細が異なります。詳しくは各キャリアの利用制限確認サイトをご確認ください。